宵しぐれ 隅田川御用帳42021/07/07



「宵しぐれ 隅田川御用帳4」 藤原 緋沙子・著 光文社文庫
縁切り寺の慶光寺に、白粉屋「紅屋」のおかみ、お新がやってきた。夫の先妻の幽霊が出ることに悩んでの駆け込みだったが、不審を抱いた慶光寺御用宿「橘屋」の雇われ人・塙十四郎が紅屋を調べると、浮き上がってきた真相とは……。
慶光寺の寺役人で十四郎の幼馴染みでもある近藤金五には、ついに恋の予感がありました。この巻に出てきた頭が良い犬がいます。名をごん太と言います。捕物に一躍かったけど、今後も出てきそうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック