螢籠 隅田川御用帳32021/07/02



「螢籠 隅田川御用3」 藤原 緋沙子・著 光文社文庫
付火の罪で倅が火付盗賊改に捕まったと、御用宿「橘屋」を手伝うおふくが主・お登勢と雇われ人の塙十四郎に訴えてきた。倅の無実を信じる母親おふく。十四郎は倅の忠太が付火の真の下手人かどうか調べ始める。すると、忠太がやっていないという証言が続出。冤罪は晴れるのか。しかし、ついに刑の日が……。
短編連作なので、いつも時代劇ドラマをカバンに持ち歩いて、好きな時に見ているようです。今はみんなスマホで何でも見れる時代ですけどね。
1話で完結するから、さっぱりします。しかし、死者も多いし、早く助けてあげてほしいと思っても、なかなかそうはいきません。亡くなってから、真実を明らかにする事もあります。悪者は、わかりやすい卑怯な人が多いです。完結しないのは、十四郎とお登勢の仲、想いあっているのだろうけど、あまり進展しません。シリーズ最後の方まで、このままの関係なのではと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック