クルエラ2021/06/21


クルエラ

「クルエラ」 イクスピアリ
1970年代ロンドン。孤児となったエステラ(後にエマ・ストーン)は、仲間と共に成長。デザイナーを目指して、制作に打ち込む。やっと認められて、カリスマデザイナーのバロネス(エマ・トンプソン)の事務所で働き始める。しかし、この出会いが、エステラの運命を大きく変えていく。なぜエステラは、狂気に満ちたクルエラになったのか、その秘密とは。
ディズニーアニメ「101匹わんちゃん」に登場した悪役クルエラの誕生秘話。
ディズニーの悪役の誕生秘話と言うと「マレフィセント」がありましたが、「クルエラ」はアバンギャルドな雰囲気。パンクムーブメントが吹き荒れる時代。バロネスの気取った服よりも、エステラの新しく斬新なデザインがカッコいいのです。バロネスは、人のデザインで、コレクションを発表しているし、人間的にも、問題ありという役どころ。わがままで自己チューに、振り回されているあたりは、「プラダを着た悪魔」を彷彿させます。でも、バロネスは、非道な人で、真実が明らかになっていくと、エステラは、立ち向かっていきます。面白かったです。マーク・ストロングの執事っぷりも、良かったです。たくさん出てくるワンちゃんも名演技でした。エステラは、オシャレに髪を染めているのではなく、生まれつき黒と白に分かれているのね。話も、まとまっているから、これで終わりで良いような気がするけど、続編ができる事が決まっています。ロンドンのデパート・リバティは、裏側も素敵でした。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック