漁港の肉子ちゃん2021/06/12


漁港の肉子ちゃん

「漁港の肉子ちゃん」 TOHOシネマズ日比谷
漁港で暮らす食いしん坊で脳天気な肉子ちゃん(声:大竹しのぶ)は、情に厚くて惚れっぽく、すぐ男に騙されてしまう。しっかり者でクールな11歳の娘きくりんことキクコ(声:Cocomi)は、そんな母のことが少し恥ずかしい。やがて母娘の秘密が明らかになり、2人に最高の奇跡が訪れる。
明石家さんまの企画・プロデュースで、直木賞作家・西加奈子の同名ベストセラー小説をアニメ映画化。
原作を読んでいて、話は知っていたけど、感動しました。絵がかわいいし、特に風景がきれいでした。「海獣の子供」の渡辺歩監督だから、風景に通じる所があります。港の雰囲気、山の自然、船の家、特に肉子ちゃんが働く、お店が良いです。きくりんもまかないを食べに行っていて、美味しそうでした。豪華声優陣も、違和感なく合っていました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック