HOKUSAI2021/06/11



「HOKUSAI」 TOHOシネマズ日比谷
町人文化が華やぐ江戸の町の片隅で、食うこともままならない生活を送っていた貧乏絵師の勝川春朗(柳楽優弥)。後の葛飾北斎となるこの男の才能を見いだしたのが、喜多川歌麿、東洲斎写楽を世に出した希代の版元・蔦屋重三郎(阿部寛)だった。重三郎の後押しにより、その才能を開花させた北斎は、彼独自の革新的な絵を次々と生み出し、一躍、当代随一の人気絵師となる。その奇想天外な世界観は江戸中を席巻し、町人文化を押し上げることとなるが、次第に幕府の反感を招くこととなってしまう。青年期の北斎を柳楽優弥、老年期の北斎を田中泯が演じている。
浮世絵とその時代には興味はありました。どのような経緯で、人気絵師となったのか、北斎の家族はどんな人だったのか、いろいろと伝わっていることもありますが、実際は謎のままです。写楽も謎の絵師ということだけど、活動期間が短いのは何故なのか、この映画ではわからないですが、いろいろな可能性で、絵師の人間関係を見せてくれました。先日読んだ畠中恵の「けさくしゃ」の主人公の柳亭種彦(演じるのは永山瑛太)も出てきましたが、性格も内容も違いました。生涯などは多分、わかっていないのでしょう。小説の方が明るい話だったのですが、この映画ではシリアスでした。
田中泯さんも、「いのちの停車場」に続いて、良かったです。
でもこの映画はゆっくりと話が進むので、ちょっと眠くなってきました。長いと感じてしまいました。出てくる絵画は良かったです。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック