5月の花嫁学校2021/06/01



「5月の花嫁学校」 ヒューマントラストシネマ有楽町
1967年。フランスのアルザス地方。ポーレット(ジュリエット・ビノシュ)が校長を務めるに花嫁学校に、今年は18人の少女たちが入学してきた。経営者である夫の突然の死をきっかけに、学校が破産寸前であることを知る。ポートレットが、なんとか窮地から抜け出そうと奔走する。その頃、パリで5月革命が勃発する。抗議運動がフランス全土に広がってゆくのを目の当たりにしたポーレットや生徒たちは、これまでの自分たちの考えに疑問を抱き始める……。
いつまでたってもジュリエット・ビノシュは可愛らしいです。良妻賢母になるために、花嫁修業をする学校での話です。夫に従うのを良しとし、料理や掃除、育児などを学びます。この映画は女性解放運動の走りの頃で、それまで疑問もなく、男の人に尽くすのが当たり前だった世の中に、疑問を持ち始めます。ファッションもおしゃれで、当時の家財道具やインテリアが見られるのが良かったです。後半に向かって、感じが変わってきました。こういう映画だったの?と思いました。女性のパンツルックも、ほとんどいない時代だったようです。いろいろと時代は変わってきているのだなぁと感じました。それでも、男女は平等にはなっていないと思いますが、強い女性は増えました。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック