荒野の古本屋2021/05/21




「荒野の古本屋」 森岡 督行・著 小学館文庫
前代未聞の「一冊の本だけを売る書店」として、国内はもとより海外からの注目も集める銀座・森岡書店。そんな型破りな店の誕生前夜の物語。散歩と読書三昧の青年が神田神保町の老舗古書店に飛び込み、波乱の修業時代を経て、個性的な古書店を開業、成功させるまでを描く。
文章がスラスラと入ってきて、面白く読めました。本を外国に仕入れに行って、時間制限ある中で、奮闘するところや、古書店を開いてから、万引きされた本を取り戻そうとするところなど、どうなるのかとハラハラします。
著者は古い建築物が好きで、家や店の建物と出会い、縁が人生を変えて行きます。人との縁も、この人の魅力とセンスの良さが仕事につながっていきます。好きな事を突き詰めていって、とても勉強していますが、誰もやっていなかった個性的な仕事をしていると思いました。古本の街、神保町へ行きたくなります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック