小説 渋沢栄一 下2021/05/06


小説渋沢栄一

「小説 渋沢栄一 下」 津本 陽・著 幻冬舎文庫
コンパニー、コルポレーション、バンクを創り、新たな国家システムを構築した“富国共栄”の設計者・渋沢栄一。経済人の生涯。
三面六臂の活躍で、日本経済を引っ張って行った人でした。養育院の運営に関わったり、困っている人達の相談にのり、教育にも力を注いでいます。当時のアメリカとも、良い友好関係を築くよう尽力。日本人全体の大恩人ですね。自分の私利私欲の為ではなく、日本がより良くなるように願ったのだと感じました。ちょっと登場人物が多くて複雑に感じて、読むのに時間がかかりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック