ブータン 山の教室2021/05/02



「ブータン 山の教室」 岩波ホール
若手教師のウゲン(シェラップ・ドルジ)は、ブータンの秘境、ルナナにある学校へ行くように言われる。教師を辞めてオーストラリアに行ってミュージシャンになりたいと思っているウゲンは、渋々ルナナに行く事になる。1週間以上かけて辿り着いたその地には、真っ直ぐな瞳で彼を待つ子どもたちがいた……。
可愛らしいポスター写真とは違って、主人公はブータンの都会に住むやる気のない若者。スマホをいじったり、ゲームをしたりする今時の男の子でした。大変な山道を超えて着いた先は、アルプスの少女が住んでいるような、標高4880メートル、物資も乏しいブータンの中でも秘境の地です。自然を敬い素朴に暮らす村人たち。子どもたちは学ぶことに、好奇心いっぱいです。写真の委員長ペンザムちゃん、とてもかわいかったです。世界一幸福度が高い国でも、外国に行きたい人もいるのだなぁと思いました。教師に向いてないし、やる気がなかったウゲンも、子どもたちや村人たちとの関わりの中で、変わっていきます。ドキュメンタリーのように、本場の生活を映しつつ、何もないけど、幸せなのではないかと、豊かさの意味を考えさせられます。ちょっと「神去なあなあ日常」を思い出しました。
話の流れは、もうちょい押した展開が欲しい気もしますが、ルナナへ行く前と行った後のウゲンは、大きく変わったのだと感じました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック