あやしい絵展2021/03/28



 
「あやしい絵展」 東京国立近代美術館
神秘的、グロテスク、退廃的、奇怪な絵などを集めています。不気味というより、美しくもあり、不思議な魅力が秘められています。
月岡芳年の血にまみれた男の絵もあるけど、あやしい絵は、女性画が多いのですね。上村松園の“焔(ほむら)”は、東京会場のみ、それも4月4日までしか展示しないので、急いで行ってきました。上のチラシ2枚目の絵です。とても美しかったです。他にも鏑木清方など、いつも見る絵とは違った絵が見れます。予約した人が優先に入れますので、予約して行く事をおすすめします。予約なしでも見れますが、列ができていました。


美術館の春まつりも、同時に見れます。春らしい絵がいっぱいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック