見ないふりして2021/03/13



「見ないふりして」 メアリ・H・クラーク 新潮文庫
不動産会社で働くレイシーは、死んだ娘の部屋を売りたいという依頼を受ける。打ち合せのためアパートを訪れた彼女を待っていたのは、銃声と見覚えのある男が走り去る姿だった。瀕死の依頼人イザベルはレイシーに娘の日記を託す。イザベルは娘が殺されたと信じていた。その証拠となる事が日記に書かれているのだとうか。殺人の目撃者となってしまったレイシーは、FBI証人保護プログラムを適用されるが。
メアリ・H・クラークの本は、基本的に主人公が若く美しい人で、頭が良くておしゃれな人、ミステリーだけど、ロマンスもあって、ハッピーエンドのはずと思うと安心して読めます。今回はFBI証人保護プログラムで、身を隠す主人公。そういうのがアメリカ映画ではよく聞きますけど、どんな感じなのかと興味深く読みました。飽きさせない読みやすい展開で、面白かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック