ビバリウム2021/03/15


ビバリウム

「ビバリウム」 TOHOシネマズシャンテ
新居を探すトム(ジェシー・アイゼンバーグ)とジェマ(イモージェン・プーツ)のカップルは、ふと足を踏み入れた不動産屋で、全く同じ家が建ち並ぶ住宅地「Yonder」を紹介される。内見を終えて帰ろうとすると、すぐ近くにいたはずの不動産屋の姿が見当たらない。2人で帰路につこうと車を走らせるが、周囲の景色は一向に変わらない。住宅地から抜け出せなくなり戸惑う彼らのもとに、段ボール箱が届く。中には誰の子かわからない赤ん坊が入っており、2人は訳も分からないまま世話をすることに。追い詰められた2人の精神は次第に崩壊していき……。
かわいいグリーンの家が建ち並ぶ住宅街なのですが、他に誰も住んでいないし、どんな事をしても、何故か街から出る事ができない。赤ん坊の面倒をみるが、見た目は人間でも、不気味な子どもとなっていく。シュールな世界でした。冒頭にカッコウの托卵の映像が出るのだけど、映画の内容を予感させます。ある意味、このシーンが一番恐ろしいです。ソフトなホラーに、SFをプラスしたような感じでした。物語は意外な方向に、行きました。広がりはないけど、私は楽しめました。好悪は分かれるかもしれません。役者さんは良かったです。一番、不気味なのは、不動産屋のマーティンでした。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック