キンキーブーツ2021/03/12


キンキーブーツ

「キンキーブーツ」 東劇
実話を基にしたイギリスの同名映画をミュージカルとして舞台化したもの。日本版舞台も好評だったそうですそうですが、ブロードウェイのオリジナルを映画館で楽しめるブロードウェイシネマシリーズ。
靴工場の跡継ぎとなったチャーリーは、経営困難に苦しんでいた。そんな時にドラァグクィーンのローラやその仲間に出会い、彼女(彼)らが、はきたい大きくてヒールの高いブーツが手に入らずに困っていることを知る。チャーリーの工場で、ニッチ産業として、そういう靴を作ったらどうだろうかと考え、お互いに協力していく。
昔公開した映画は見ていて、好きでしたが、ミュージカルにすると、また違った迫力がありました。歌もダンスもピカイチ、脇役に至るまで、レベルが高いです。
ローラ役の人がなんとも魅力的でした。ありのままを受け入れてと願い、偏見がある人達を変えていこうとします。声量がみんなすごかったし、話もよくできています。舞台を見ている観客も時々映るのですが、盛り上がっているのが伝わってきます。音楽がシンディ・ローパーで作詞作曲しているそうです。歌詞が心に響きます。ドラァグクイーンのショーが素敵だし、衣装や靴も華やかでした。
鑑賞料金が3000円と、映画よりも高いのですが、とても満足できました。ミュージカルが好きな人おすすめです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック