凜として 立場茶屋おりき162021/01/03



「凜として 立場茶屋おりき」 今井 絵美子・著 ハルキ文庫
佃煮屋田澤屋の隠居・おふなの食が、このところ極端に細っているという。一代で店の基礎を築き、不遇の時代を経て、息子夫婦と共に暮らすいま、思い残すことはないと言う。そんな彼女のお見舞いに立場茶屋おりきでは、松茸ご飯、八藩巻、栗と銀杏の蜜煮などを詰めた特製の竹籠弁当を届けることに……。
シリーズ第16弾。
佃煮屋の話も、前からの経緯がいろいろあって、何度か出てきています。
別の話で、最近、茶屋で働くようになった、武家出身の百世という女性がいます。その元夫が、町方に追われる身となり、もしかして立場茶屋おりきを探し当てて、百世のところに来るかもしれないという話を読んでいる途中で、その夜、私が殺人事件を犯した人と一緒に逃げる夢を見てしまった。それが初夢になるのかなぁ。小説の方は、一緒に逃げるという話ではなかったけど。眠る前に本を読むと、その残像のようなものが夢に出てきたりします。私はあまり寝る前に本を読まないのですが、年末年始休暇中だから、珍しく読んでいました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック