家なき子 希望の歌声2020/11/24


家なき子 希望の歌声

「家なき子 希望の歌声」 YEBISU GARDEN CINEMA
南フランスの農村で暮らす11歳の少年レミ(マロム・パキン)は、優しい母と貧しいながらも幸せな毎日を送っていた。そんなある日、長い間パリへ出稼ぎに出ていた義父により、レミは旅芸人の親方ヴィタリス(ダニエル・オートゥイユ)に売り飛ばされてしまう。情の深い親方に歌の才能を見いだされたレミは、犬のカピや猿のジョリクールと親交を深めながら、ひたむきに旅を続けていく。
日本でも過去にアニメ化されていますが、ちゃんと見たことがなかったので、こういう話だったのかと思いました。主人公のレミが美形でした。歌をもっと聴きたい気もしました。不幸に陥った少年と思いきや、優しい親方に助けられて、レミの出生の秘密に迫っていきます。犬のカピ゚も猿のジョリクールも名演技でした。ダニエル・オートゥイユをはじめ、フランス映画ではおなじみの俳優たちが脇を固めています。ヴィルジニー・ルドワイヤン、リュディヴィーヌ・サニエなど。「ニュー・シネマ・パラダイス」のジャック・ペランも出ていて、この人もフランス人なのかと思いました。イタリア人かと思っていました。「家なき子」はフランスの児童文学なのですね。内容は「母をたずねて三千里」や「フランダースの犬」を思い起こしました。運命に翻弄されながらも、自分の道を切り開いていく、師弟の絆に泣かされます。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック