NO.6 beyond2020/07/16



「NO.6 beyond」 あさの あつこ・著 講談社文庫
NO.6崩壊後にNO.6に留まった紫苑。さすらうネズミ。紫苑の父の秘密。
完結した物語のその後のことや、過去の話。
4つの短編になっていて、イヌカシがネズミに出会ったいきさつや、ネズミの過去、NO.6崩壊後の紫苑やネズミの話でした。
その後、どうなったのかと思っていたけど、おそらく読者が望むような感じではなかったけど、9冊の話を肉付けするような内容でした。謎が少し解けて、それぞれに過ごしている様子を知ることができました。でも、続けようと思えば、まだ話はできそうです。穏やかな内容とも思えるので、ホッとしました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック