NO.6#82020/07/09



「NO.6 #8」 あさの あつこ・著 講談社文庫
矯正施設に侵入し、ついに沙布との再会を果たした紫苑とネズミ。邂逅の喜びもつかの間、沙布の身に起きた異変に愕然とする。施設の心臓部に仕掛けた爆弾は大爆発を起こしたが、燃え上がる炎は二人の逃走を阻み、ネズミは深い傷を負った。無事に脱出することはできるのか……。
矯正施設の話が中心ですが、都市の中でも事件は起こっています。その対応に怒った市民たちも、政治の中心部に詰め寄って行くのですが、武力で抑えられていきます。内部から崩れゆく感じはしますが、結末まであと少し。
中国や香港を思わせます。謎の病気(?)で、死者が増えていくと、市民たちが発起するのです。しかし、軍隊が出動するというように。もちろん全然違う話なんですが。この病気というか、なんというかこの話の中では、無差別にいきなり人が亡くなっていくのですが、止めることができるのでしょうか。これもコロナウイルスを思い起こしてしまいました。今の状況から、勝手にいろいろ結び付けてしまいます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック