NO.6 #22020/06/03


NO.6 #2

「NO.6 #2」 あさの あつこ・著 講談社文庫
理想と町と思われていた都市「NO.6」を追われた16歳の紫苑は、はじめて外の世界と現実を知る。少年ネズミと暮らし始め、知らなかったことにとまどいながら、懸命に生きようとする。
生き残るためには、情けをかけてはいけない世界だが、ネズミと紫苑の関係も微妙な感じになっています。NO.6の中に残されている母や親友のことも気がかりで、事件も起こります。面白くて一気に読めるシリーズみたいです。まだ、2巻目でさわりの部分なので、今後の展開が楽しみです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック