死者の囁き2020/03/07


死者の囁き

「死者の囁き アドリアン・イングリッシュ2」ジョシュ・ラニヨン・著 
モノクローム・ロマンス文庫
シリーズ第二弾。前作で知り合った刑事のジェイク・リオーダンとの関係に悩むアドリアンは、小説執筆のため、祖母が遺した牧場へ向かうと、道ばたで死体を発見する。だがその死体は保安官が来た時には跡形もなくなっていた。敷地内では、学者たちによる発掘作業が行われており、謎の事件が起こりはじめる。アドリアンを追ってジェイクも牧場へやってくる……。
前作に続き、事件に巻き込まれる主人公。どんどん謎が増えてきて、その間にアドリアンとジェイクの関係にも変化が生じていきます。挿絵が時々入っていて、BL(ボーイズラブ)なイラストなので、電車の中で読んでいたら、ちょっと恥ずかしいです。事件は、なかなか解決せず、ちょっと長ったらしい感じもしましたけど、その間に2人の気持ちを確認しあう内容なのかなぁと。刑事がそんなに休暇を取っていられるのかと疑問ですが、郊外の牧場でも、殺人事件の調査をしていました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック