珈琲店タレーランの事件簿 32020/02/15


珈琲店タレーランの事件簿 3

「珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは」
岡崎琢磨・著 宝島社文庫
関西バリスタ大会に出場した珈琲店タレーランの切間美星は、競技中に起きた異物混入事件に巻き込まれる。出場者同士が疑心暗鬼に陥る中、付き添いのアオヤマと犯人を突き止めるべく奔走する……。
1、2巻とは違って、舞台がほとんどバリスタ大会でした。名探偵・美星が解き明かす推理となって、出場者だったのに、犯人探し役になってしまって、なんか残念です。バリスタとしての実力を発揮するところをもっと読みたかったです。
つまらないわけでもなかったですが、事情が入り組んでいましたので、サッパリしませんでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック