大浮世絵展 ―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演2019/12/09


大浮世絵展

「大浮世絵展 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」 江戸東京博物館
浮世絵の世界で、有名で、なおかつ人気のある絵師、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の5人にフォーカスをあてた展覧会。
世界の名だたる美術館からも集まってきています。
絵師別になっていて、有名作品が多いので、浮世絵の世界がわかりやすいです。
歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎と広重は風景画、国芳は武者絵というように、特色のある得意とする絵が並んでいます。私は歌川国芳が好きですが、人によって好みがあると思います。自分はどの浮世絵師が好きなのかを選ぶのにも良いと思いました。展示替えがありますので、目当てのものがある人は調べてから行った方が良いです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック