LORO 欲望のイタリア2019/11/21


LORO 欲望のイタリア

「LORO 欲望のイタリア」 ヒューマントラストシネマ有楽町
スキャンダル政治家として知られるイタリアの元首相シルビオ・ベルルスコーニをモデルに描いたドラマ。2006年、因縁の政敵であるロマーノ・プローディに敗北し失脚したベルルスコーニ(トニ・セルビッロ)は、首相の座に返り咲くタイミングを虎視眈々と狙っていた。セクシーな美女たちを招き、得意のセールストークを武器に足場を固めていく中、ベルルスコーニは政治家人生の危機に直面するが……。
パオロ・ソレンティーノ監督は、「きっと ここが帰る場所」「グレート・ビューティー 追憶のローマ」「グランドフィナーレ」の3作を見ました。どれも、芸術的でした。
今回はイタリアの美女が次々と登場し、おしげもなく脱いでくれます。それほど政治的な映画とは思えません。ベルルスコーニが、どんな人なのかは、逆によくわからなくなりました。芸術的ではあったけど、かなりシュールな世界でした。
女性たちには、不法薬物がはびこっておりました。
157分あるので、ちょっと長く感じました。

★★★☆☆ 3+



セクシーな衣装の美女がいっぱい登場しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック