実朝の首2018/12/26


実朝の首

「実朝の首」 葉室 麟・著 角川文庫
将軍・源実朝が鶴岡八幡宮で殺され、討った公暁は三浦義村に斬られた。公暁の従者で、実朝の首級を託された弥源太が一人逃れるが、「首」奪還をめぐる駆け引きが始まっていた。
鎌倉時代の話で、実在の人たちの話が基になって、脚色されています。驚くのは鶴岡八幡宮の大銀杏の前で、そんな昔に暗殺があったのかということです。その木は数年前に倒れてしまったのがニュースになったあの木のことですよね。私からすると観光地のようなイメージでいたけど、その昔はそんな歴史があったのかと思いました。表紙絵も鶴岡八幡宮の雪の風景が描かれています。
権力争い、そして登場人物がいっぱいで、どっちが誰の味方なのかと、歴史に詳しくない私には混乱しました。詳しい人には面白いのでしょう。名前がややこしかったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック