こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話2018/12/15


こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」 よみうりホール(試写会)
北海道の医学生・田中(三浦春馬)は筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィー患者の鹿野(大泉洋)の生活を助けるポランティアをしている。口が達者な鹿野は、いつも王様のようなワガママぶりで周囲を振り回してばかりいる。田中と交際中の美咲(高畑充希)も、様子を見に行ったところ、鹿野に気に入られてしまう。きついことを言う鹿野にむかつくこともあるが、どこか憎めない存在で、次第にボランティアに熱心になっていく……。
24時間誰かがついていないといけない鹿野のために、多くのボランティアが協力しています。親身になって世話をする他の人たちが、どういうきっかけでそうなったのかをもっと知りたかったけど、全体的に笑いが絶えない面白い映画でした。鹿野は、おべんちゃらは言わず、常にずばりと本当の事を言ってくるので、反感を覚えても納得できてしまいます。大泉洋がものすごくハマっていました。
キャスティングも面白かったです。鹿野の母は綾戸智恵だったり、他にも佐藤浩市なども出ていて豪華でした。
若者も年配の人も見て楽しめる映画fだと思います。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ 象のロケット - 2018/12/18 01:12

北海道・札幌。 鹿野靖明は幼い頃から難病の筋ジストロフィーを患い、車いす生活をしている。 介助なしでは生きられないのに病院を飛び出し、ボランティアたちと自立生活を送っていた。 夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出すワガママな彼に、医大生ボランティアの青年・田中は振り回されっぱなし。 更に鹿野は、彼の恋人・美咲に一目ぼれしてしまう…。 ヒューマンドラマ。