A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー2018/12/06


A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー

「A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー」 シネクイント
田舎町の一軒家で若い夫婦(ケイシー・アフレックとルーニー・マーラ)が幸せに暮らしてたが、ある日夫が交通事故に遭い、突然の死を迎える。病院で夫の死体を確認した妻は、遺体にシーツを被せて病院をあとにする。しかし、死んだはずの夫はシーツを被った状態の幽霊となり、妻が待つ自宅へと戻ってくる。
単純に、遺した妻が気になって、ずっとそばにいる幽霊というのとは違っていて、とても不思議な話でした。時間の流れが独特で、幽霊が体験したり、見たりするその家での出来事。妻だけではなく、過去や未来が入り混じっていて、同じ世界なのに、パラレルワールドのようです。シーツを被った幽霊というのも、こどもの頃のおばけごっこのようでした。声を発せず、表情もない幽霊なのですが、哀愁が漂っていました。あまり説明はなく、不思議な情景を見せられている感じです。そのため、ちょっと単調に思えるところもありました。
他の幽霊とコミュニケーションをとるのが良かったです。
ルーニー・マーラは、相変わらずのかわいさです。華奢なのでケイシー・アフレックが大きく見えました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ 象のロケット - 2018/12/07 01:59

田舎町の小さな一軒家で若い夫婦のCとMは幸せな毎日を送っていたが、夫Cは交通事故で死亡してしまう。 妻Mが夫Cの死亡を確認し病院を去った後、夫Cはシーツを被った状態で起き上がり、そのまま自宅まで戻ってきた。 妻Mは夫Cの存在には気が付かないが、ゴースト(幽霊)となった夫Cは、悲しみに暮れる妻Mを見守り続ける…。 ラブ・ファンタジー。