天衣無縫2018/11/27


天衣無縫

「天衣無縫」 浮穴 みみ・著 双葉文庫
三保の松原に舞い降りた天女の妙耶は、羽衣を盗賊に盗まれてしまい、天に戻れなくなってしまう。その賊に親と許嫁を殺され、敵討ちを誓った菓子職人の太一と共に、妙耶は盗賊の行方を追って江戸へ。
初めは人間のことが理解できなかった妙耶ですが、多くの人と出会い経験することで、人間の心のありように触れていく。
太一は元は菓子職人で、和菓子がいっぱい出てきました。天女の話言葉が、高貴な人のような感じなので、市民とはかけ離れいて、自分は天女だと言うし、周囲の人はちょっとおかしい、もしくは気のふれている人だと思われています。おいしいお菓子には目がなくて、食べるシーンが多いです。あっさりと読める本でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック