カール・ラーション2018/11/11


カールラーション

「カール・ラーション」 損保ジャパン日本興亜美術館
スウェーデンの国民的画家カール・ラーション(1853-1919)、家族をモティーフにした絵をたくさん描いています。


絵は女性っぽいけど、描いているのは男性です。


特に子どもの表情が生き生きとしていて、かわいらしいのです。


ラーションの家「リッラ・ヒュットネース」
ずいぶん前にカール・ラーション展へ行ったことがあります。
今回は絵はちょと少なくて、ラーションの家族の暮らしぶりを紹介するような展示が多かったです。奥様のカーリーが織物や編み物をして、家の中のものをデザインしています。夫妻が工夫して作り上げているインテリアなど、その暮らしぶりを画集にしたものが、爆発的に売れたのだそうです。


居間をイメージしたコーナーは写真撮影可能です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック