ジュラシック・ワールド 炎の王国2018/07/16


ジュラシック・ワールド 炎の王国

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」 TOHOシネマズ日本橋
前作で恐竜たちが暴れまわったテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を有したイスラ・ヌブラル島に、火山の大噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られていた。そんな中、恐竜行動学のエキスパートのオーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブラウス・ダラス・ハワード)とともに、恐竜たちを救うべく島へ上陸するが、その矢先に島の火山で大噴火が発生する。
ストーリーは違うけど、シリーズを通して、基本的な流れは似たような感じがします。でも、迫力はあるし、恐竜の造形がよくできていて、楽しめます。
危機一髪と、それをすり抜けるのが繰り返されていきます。そこを面白く見せるように工夫されていると思います。
今回の監督はスペインの出身のJ・A・バヨナ。監督作の「永遠のこどもたち」「怪物はささやく」のように、ちょっとダーク・ファンタジーっぽい映像もありました。

★★★★☆ 4-