グレイテスト・ショーマン2018/01/27



「グレイテスト・ショーマン」 TOHOシネマズ錦糸町(試写会)
19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル映画。
貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)と結婚したフィニアス(ヒュー・ジャックマン)。妻子のために努力と挑戦を重ねるフィニアスはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた。
劇中で歌われるミュージカルナンバーを、「ラ・ラ・ランド」も手がけたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが担当しています。盛り上がる曲だし、字幕で読んだ歌詞もとても良かったです。家柄の違いというのは、当時はかなり差別されていたことがうかがえます。
バーナムのビジネスパートナーとなるフィリップ・カーライル役をザック・エフロン、歌手で女優のゼンデイヤなど、たくさん歌って踊ってくれて、ミュージカル好きな人は楽しめると思います。私は映画「ムーラン・ルージュ」っぽいと思いました。
ファンタジックな雰囲気もします。ショーのクオリティが高いです。ヒュー・ジャックマンとザック・エフロンのバーのシーンや、ザック・エフロンとゼンデイヤのロープを使った迫力あるパフォーマンス、みどころがいっぱいありました。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック