小さな星の奇蹟2018/01/20


小さな星の奇蹟

「小さな星の奇蹟」 メアリ・H・クラーク 新潮文庫
7年前、ソンドラは生んだばかりの娘を教会に置去りにした。子は偶然この教会に忍び込んだ泥棒に、ベビーカーごと連れ出された。成功目前の新進ヴァイオリニストとしてNYに戻ったソンドラは、自責の念と娘に会いたい一心で、リハーサルにも身が入らない。一方、詐欺で遺産を盗まれそうになっている友人を助けるために、アルヴァイラは、夫ウィリーの協力を得て調査している。ソンドラの苦悩を知って、娘の行方を捜すことも協力する……。
薄い本なんですが、登場人物が多いので、これは誰だったかなと、何度も確認してしまいました。そうは言っても先が気になって、あっという間に読めました。2つの出来事が微妙に絡み合っています。クリスマスの話なので、クリスマスシーズンに読むと良いと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック