オリエント急行殺人事件2017/12/29

オリエント急行殺人事件
「オリエント急行殺人事件」 TOHOシネマズ日本橋
トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェット(ジョニー・デップ)が刺殺された。走行中の列車はいわば密室。乗り合わせていたのは車掌を含め13人の乗客。名探偵エルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)は、犯人を探り始めると、そこには哀しい真実が……。
家庭教師、宣教師、医師、伯爵夫人などなど、被害者とは関わりがなさそうな人々の中で、誰が殺人の動機があるのかを探ります。妨害にあいながらも、名探偵が名推理をしていくというストーリーです。アガサ・クリスティの原作で、過去に映画化もされているので、犯人がわかっているという人もいると思いますが、私は原作を読んでいないし、前の映画も見ていなかったので、先が読めなくて余計に面白かったです。ミシェル・ファイアー、ウィレム・デフォー、ジュディ・リンチ、ペネロペ・クルスなど豪華な出演者です。内容も絵面もゴージャスです。みんなが椅子に座って並んでいるところは、壮観でした。
立派なヒゲをたくわえて、世界一の探偵と自分で言ってしまうポワロも良かったです。ケネス・ブラナーは製作・監督・主演をこなしています。そして、この映画のもう一つの主人公は列車です。雪の中を疾走する風景や、列車内の調度などステキでした。列車の映し方も、大きいスクリーンで見たせいもあって、迫力がありました。

★★★★☆ 4