アンデルセン展2017/12/09

アンデルセン展
「ハンス・クリスチャン・アンデルセン展 -いつもそばにアンデルセンがいた-」 郵政博物館
デンマークの国民的童話作家のアンデルセンにちなんだ展示です。アンデルセンの話は、悲しい話もあるけど、大好きです。郵政博物館なので、アンデルセンのお話がモチーフとなっている切手も展示していました。
ポスタービジュアルを描いている日本のイラストレーターNaffyさんの原画もきれいでした。マッチ売りの少女、人魚姫、雪の女王、おやゆび姫、みにくいあひるの子、誰もが知るおなじみの話がいっぱいですね。私が好きな話は「白鳥の王子」です。「白鳥の王子」に関するものがないかなぁと展示を探しましたけど、見当たりませんでした。それほど有名な話じゃないのかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック