インフェルノ 上2017/11/23

インフェルノ 上
「インフェルノ 上」 ダン・ブラウン・著 角川文庫
ハーバード大学宗教象徴学専門のロバート・ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚ます。フィレンツェにいるはずもなく、動揺しているところへ、謎の襲撃者が現れ、命を狙われる。医師のシエナ・ブルックスの助けを借り、病院から脱出。所持していた物から、ダンテ「神曲」の「地獄篇」に、何らかの手がかりがあることに気付き、シエナと共に追跡を逃れながら、謎を追いかける…。
映画化されていて、映画も見ています。「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪夢」は先に本を読んでから映画を見たのですが、今回は映画観賞後になっていまいました。「ダヴィンチ・コード」を読んだ当初は、ラングドン役がトム・ハンクスではイメージが違うと思ったのですが、今ではすっかりトム・ハンクスが思い浮かぶようになっています。内容は、映画とほとんど同じで、映画が原作に忠実なのがわかります。上中下と全3巻なので、映画は省略されているところもあると思います。フィレンツェの美しい教会や名所が出てくるのが魅力です。映画だと映像で見れるので、よけいにわかりやすいです。フィレンツェは1回だけ行ったことがあるので、思い出しながら読んでいます。謎解きは高尚で、難しいのですが、ダンテや芸術の知識がなくても、あまり気にせずにスラスラ読めます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック