川端龍子ー超ド級の日本画ー2017/08/06

川端龍子展
「川端龍子(かわばたりゅうし)ー超ド級の日本画ー」 山種美術館
川端龍子(1885-1966)は、大衆に訴える作品を描き続けた日本画家で、若い頃は新聞や雑誌の挿し絵画家をしていたそうです。西洋画の勉強のために、渡米するものの、帰国後は日本画家となったそうです。漢字の名前で見ると女性かと思われるかもしれませんが、男性の画家です。
ダイナミックで、勢いのある絵を描きます。絵や屏風など、大きい作品が多かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック