十字架を持つキリスト・ミケランジェロ2017/08/05



「レオナルド×ミケランジェロ展」三菱一号館美術館
追加展示の《十字架を持つキリスト》を見に行ってきました。
7月に行った時に、追加展示の分だけを見れるチケットをくれたのです。

ミケランジェロ・ブオナローティの未完成作品で、17世紀の彫刻家の手で完成したもんだそうです。
このような大きなミケランジェロの大理石彫刻を、わざわざ日本に持ってきて展示してくれるなんて、珍しい機会です。持ってくるのも、大変だと思います。
長く行方不明になっていたようですが、2000年になって、ミケランジェロが手がけたものと明らかになりました。


写真撮影OKになっていました。でも写真ではわかりにくい部分もありますので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?
この写真、顔の右側がほうれい線みたいな線が入っているのですが、彫っている時に、黒い疵(きず)が現れたために、制作途中で放棄されてしまったそうなんです。
そういう疵は大理石特有のものなんでしょうけど、どこの位置にどのくらいの濃さで出るか、彫ってみないとわからないものです。注文主であるローマ貴族が、未完成のままもらいうけて、その後子孫によって売却され、他の彫刻家が仕上げていると推測されています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック