ピートと秘密の友達2017/01/06

ピートと秘密の友達
「ピートと秘密の友達」 TOHOシネマズシャンテ
家族を失い、森の奥へ迷い込んだ幼いピート(オークス・フェグリー)は、優しいドラゴンと出会い、6年間人間と関わらずに一緒に生きてきた。ある日、ピートが森林警備員のグレース(ブライス・ダラス・ハワード)らに出会ったことをきっかけに、ドラゴンのエリオットの存在が人間に知られてしまう。
「ジャングル・ブック」や「ターザン」みたいなディズニーらしいファンタジー。少年とドラゴンの交流を描く心温まる系。それなりに良いのだけど、先が想像できてしまうし、それを超えるものでもないので、人気がイマイチなのかなぁ。というのも公開してすぐでも、上映回数が少ないのです。普通に良かったですけどね。グレースの父役でロバート・レッドフォードも出演しています。
冒頭に出てくるまだ幼いピート役の男の子がめっちゃめちゃかわいいんだよね。
6年後になると子役が変わって、ちょっと野性的になっています。あと、ドラゴンは確かにリアルに描かれていて、技術もすごいと思うんだけど、ちょっと顔がおじさんっぽかったです。「ネバーエンディング・ストーリー」のような雰囲気もありました。お子様にも良い王道ファンタジーだと思います。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック