エヴォリューション2016/12/05

エヴォリューション
「エヴォリューション」 シネマカリテ
女性と少年のみが暮らす謎めいた島。10歳の少年ニコラを含め、他の少年たちは、奇妙な医療行為の対象となっていた。そんな島の様子に違和感を覚えたニコラは夜遅く外出する母親をつけてみると…。
この映画を説明するのは、難しいです。
フランスの女性監督ルシール・アザリロヴィックは「エコール」を見てすごく気に入りました。「エコール」は少女たちが暮らす寄宿舎の話で、やはり謎が多いのだけど、今度の「エヴォリューション」は少年版という感じがしました。不気味な雰囲気と謎だらけのストーリー。長い夢の中をさまよっているような怖さがあります。でもとても芸術的なんです。今回もハマりました。デビッド・リンチ監督好きな人や、シュールレアリズムの絵画が好きな人におすすめです。わけわからんと苦手な人もいるかもしれません。グロテスクな描写もあります。少年の食事の色が緑っぽくて、おいしそうには見えないです。

★★★★☆ 4+

ムーミン絵本の世界展2016/12/05

ムーミン絵本の世界展
「ムーミン絵本の世界展 
トーベ・ヤンソンの原作から、描きおろし新作絵本ができるまで」 
銀座松屋8階イベントスクエア
トーベ・ヤンソンの絵本をパネルや特別映像で詳しく紹介する展覧会。さらにトーベ作品に忠実に新作絵本を描きおろす、公認作家カーラ夫妻の原画約80点を公開しています。
小さい頃アニメは見ていたけど、詳しくは憶えていません。この展覧会で、ミィって兄弟がいっぱいいると、初めて知りました。展示された絵では17人だったけど、ネットで調べてみると実は35人兄弟みたいですね。
関係が複雑そうでした。今回の展示はミィ中心だったようにも思います。期間が短いせいもあるけど、とても混んでいました。日曜日に行ったからよけいですね。グッズもいっぱいあるけど、会計が長蛇の列になっていました。