アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2016/12/01

アイ・イン・ザ・スカイ
「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」 ユーロライブ(試写会)
イギリス軍の諜報機関のキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は国防相のベンソン中将(アラン・リックマン)と協力し、ナイロビ上空のドローンを駆使してロンドンから英米合同軍事作戦を指揮している。大物テロリストを発見するが、大規模の自爆テロ計画が始まることを察知する。アメリカ国内の米軍基地にいるドローン・パイロットに攻撃命令を下すが、殺傷圏内に幼い少女がいることが判明。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト達の殺害を優先させようとする…。
ドローンと言っても、小型のラジコンのようなものではなく、遠隔操縦できる無人機。武器を搭載していて、かなり上空から気づかれずに撮影も攻撃もできる。その攻撃を決定するのはまさに会議室。パイロットもアメリカにいるのだから、現代の戦争ってこういうのだろうなと思えました。上空からだけでなく、部屋の中に入ってカメラで撮影できる小型の虫型ロボットもあって、鮮明な画像がリアルタイムで見ることができる技術にも驚きました。
爆薬を巻いて今しも自爆テロに出かけようとしているテロリストがいるのに、少女がその家の前でパンを売っているので、巻き込みたくないのです。その機会を逃したら、多くの罪もない市民が巻き添えで殺害されるという状況で、緊迫感が持続する映画でした。その判断を下していいのは誰か。攻撃の命令を受けたら、素直をスイッチを押すことができるものかと考えさせられます。
今年1月に亡くなったアラン・リックマンが見れてうれしかったです。

★★★☆☆ 3+