この世界の片隅に2016/11/30

この世界の片隅に
「この世界の片隅に」 楽天地シネマ錦糸町
昭和19年、広島市の故郷から20キロ離れた呉へ嫁いできた18歳のすず(声:のん)は、戦争で品薄の生活の中、毎日の食卓に工夫を凝らして生活している。戦争が進むにつれ日本海軍の拠点である呉も、空襲がひどくなっていく…。
優しい色遣いと、愛らしい絵で、戦争をテーマとした映画だけど、どこかのんびりとしています。でも描かれているのは甘いことばかりではありません。
原作漫画を読んでいましたが、ちょっと忘れていたところもあって、見ているうちに思い出してきました。原作の雰囲気はそのままで、優しい音楽とのんさんの声が、さらにふんわりとさせていて、とても良かったです。方言もステキでした。
戦時中の人々の日常が、どんな暮らしぶりだったのか、温かみのある作風で見せていだきました。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック