ボックス!2016/10/01

ボックス!
「ボックス! 上・下」 百田 尚樹・著 講談社文庫
高校のボクシング部に所属する鏑矢は、お調子者だが天才的なボクシングセンスを持っており、試合でも連戦連勝を収めていた。一方、鏑矢の幼なじみで気弱な優等生の木樽も、鏑矢に憧れてボクシングを始める。
高校3年間で八冠を獲ると豪語する鏑矢だが、最強の男・稲村が立ちはだかる。そして、努力を重ねる木樽も、実力をつけていく。
この本の語り手は、成績優秀で授業料免除の木樽と、若い女性教師の耀子。鏑矢の活躍もあって、ボクシング部の顧問を増やすことになり、耀子が頼まれます。ボクシングのことはよく知らなかったが、間近で部員たちに接するようになっていきます。耀子がルールを知っていくのと同様に、読者も説明を受けて、わかりやすかったです。最強の敵を倒すことができるのか、幼なじみ2人の関わりがあればこそ、運命は変わっていきます。とても面白かったです。プロとアマチュアの違いや、高校ボクシング界のことがよくわかりました。おそらくボクシングに興味がない人でも、楽しく読めると思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック