怒り2016/09/19

怒り
「怒り」 TOHOシネマズ新宿
夏の暑い日、八王子で夫婦惨殺事件が発生。現場の壁面には「怒」という謎の血文字が残されるが、整形した犯人の行方は杳として知れない。一年後、東京、千葉、沖縄に素性のわからない三人の男が出現する。
千葉の漁港。家出して風俗店で働いていた愛子(宮崎あおい)は父親(渡辺謙)に連れ戻され、漁港でアルバイトをしている素性がはっきりしない無口な青年・田代(松山ケンイチ)に惹かれていく。
ゲイのサラリーマン優馬(妻夫木聡)は新宿のサウナで直人(綾野剛)と出会い、意気投合して同棲する。
沖縄の無人島で、高校生の泉(広瀬すず)はバックパッカーの田中(森山未來)と知り合い、親しく話すようになる…。
現代日本を代表する演技派の俳優さん達が、体当たりで挑んでいます。
吉田修一の原作は読んでいないですが、現実に起きた千葉県市川市の“リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件”を基にしていることが、随所に感じられました。整形して長いこと逃避行を続けていたから。しかし、他の事件も混ざっている、現代が抱える問題も、散りばめられています。3つのオムニバス風の群像劇となっています。その見せ方、構成がみごとで、見応えのある映画になっています。誰もが怪しく、公開捜査の写真に似ているように思えます。人を信じることの難しさをヒシヒシと感じました。辛さ、キツさはあるものの、救いもありました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック