世界一キライなあなたに2016/09/17

世界一キライなあなたに
「世界一キライなあなたに」 ワーナー・ブラザーズ試写室(試写会)
オシャレが好きなルーことルイーズ(エミリア・クラーク)は、働いていたカフェが閉店してしまう。ルーが新たに得た職は、交通事故で車椅子生活を余儀なくされ、生きる希望を失ってしまった大富豪ウィル(サム・クラフリン)のお世話をする6ヶ月限定の仕事だった。
ウィルは不機嫌で、冷たく当たられるが、ルーの明るさが、ウィルの頑な心を溶かしていく。しかし、ウィルには心に秘めた決意があった…。
ルーのファッションがオシャレというよりは、かなりぶっとんでいるように感じたけど、これをかわいいというのだろうな。カラフルな服装で、部屋の中もポップな色合いで見ていて楽しいです。ちょっとヘンな女の子のようにも思えるけど、だんだんときれい見えてきました。
アメリカ映画だけど、舞台はイギリス。お城があって景観が素晴らしいです。季節の移り変わりや天気の変化など見ていて飽きないです。
どちらかといえば女性向けのラブストーリーです。泣けます。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック