バッテリーⅣ・バッテリーⅤ2016/08/09



「バッテリーⅣ」 あさの あつこ・著 角川文庫


「バッテリーⅤ」 あさの あつこ・著 角川文庫

突如バッテリーが強乱れ、強豪校・横手との練習試合に完敗した巧たち。巧の球を受けきれないのではないかと不安を抱いたキャッチャーの豪。自分の信念を貫き通す巧。
横手との試合が中途半端に終わってしまったことで、再試合が計画され、それに向けて、練習に励むが、巧と豪はすれ違ったまま。模索しながらも、関わりを通して、気持ちに変化が…。

実戦シーンよりも、心の中を描くことが多い。自分でもうまく説明できないような感情に、揺れ動く。だれかが悪いわけでもない。チームの仲間や最強のライバルたちには、それぞれの想いがあり、成長していく彼らを見守っている気分になる。
Ⅳ巻には、3歳の頃の巧の話「空を仰いで」も収録されている。巧の野球との出会が描かれている。

完結まであと1冊。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック