めぐりあう日2016/08/05

めぐりあう日
「めぐりあう日」 岩波ホール
養女として育ってきた理学療養士のエリザ(セリーヌ・サレット)は、夫と別居している。実母を探すために、息子と伴に北フランスの港町ダンケルクで生活を始める。息子が通う学校で働く中年女性のアネット(アンヌ・ブノワ)が、患者としてエリザの療法室を訪れてくる。治療を通じて、2人は次第に不思議な親密感を覚えるようになる…。
監督はウニー・ルコント、韓国出身で幼い頃に養子としてフランスへ渡った経験から「冬の小鳥」という映画を撮ってデビュー。本作が2作目になる。「冬の小鳥」は韓国とフランスの合作で、出演者は韓国の人だったけど「めぐりあう日」はその後の話のように感じます。養女となり、自分も結婚し母となったエリザが、自分のルーツを求めている。息子はパリに戻りたがり、父親と会いたがっている。難しい年頃。実母探しは、思ったようにすすまないし、他にも問題を抱えている。
理学療法の施術がとても丁寧に描かれていて、かなり親密な雰囲気だった。
主役のセリーヌ・サレットがスラッとしたスタイルで、美しかった。若い頃のシャーロット・ランプリングのような雰囲気を持っている。上品で知的。母親に対する複雑な心情がヒシヒシと伝わってきた。ダンナさんは良い人のようなのに、うまくいってないのは残念。
ダンケルクという町が魅力的。海岸は人がいなくてきれいだった。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック