ボーダーライン2016/04/10

ボーダーライン
「ボーダーライン」 新宿ピカデリー
麻薬カルテルを殲滅するため、米国防総省の特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、謎のコンサルタントのアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)とともにアメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織撲滅の極秘作戦に参加する。リーダーのマット(ジョシュ・ブローリン)の指示で、目的も説明されないまま、無法地帯の攻防を目の当たりにする。ケイトの中で善と悪の境界が揺らいでいく…。
ドニ・ヴィルヌーヴ監督作品は「灼熱の魂」「プリズナーズ」「複製された男」と公開されるたびに見に行っています。ピリピリとした緊張感が持続する映画で、目が離せません。笑いはなかったです。麻薬や銃撃戦が日常的な地域に住む人たちの生活も見せます。制服警官も買収されている人がいて信じられません。残虐なシーンが苦手な人にはおすすめできませんが、良かったです。冒頭が特に気持ち悪かったです。主人公はエミリー・ブラントと思って見ていると、いつのまにか、すり替わっているような印象を受けました。
ドニ・ヴィルヌーヴ監督は「ブレードランナー」の続編を撮ることが決まっています。この監督ならば、是非見たいです。

★★★★☆ 4+