リリーのすべて2016/03/26

リリーのすべて
「リリーのすべて」 TOHOシネマズみゆき座
1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ベルナー(エディ・レッドメイン)は、肖像画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル )に頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。リリーと名のり、次第にリリーでいることの方が本当の自分なのではないかと思うよる。そして、心と身体の不一致に葛藤するようになる。妻のゲルダは夫の変化に戸惑いつつも、愛する気持ちは変わらず、理解しようとする…。
世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベという実在の人物のことをモティーフにしています。
エディ・レッドメインは本当に素晴らしく美しかったです。しぐさが変わって、二重人格のようにも見えました。自分の中に潜む本当の自分とは、本来の姿になれないのなら、生きていても仕方がないとでもいうのでしょうか。その渇望が見ていて理解できるような気がします。妻のゲルダ役のアリシア・ヴィキャンデルも美しくて「コードネーム U.N.C.L.E.」とはまた全然違う魅力を発揮していました。この作品でアカデミー助演女優賞を受賞しています。おまけにベン・ウィショーやマティアス・スーナールツも出演していて、嬉しくてニマニマしてしまいました。
まだ性同一性障害がそれほど認知されていなかった時代、ましてや性別適合手術の第一号に挑むという勇気。そこまでしなければならなかった強い想いに心揺さぶられました。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック