人生は小説よりも奇なり2016/03/24

人生は小説よりも奇なり
「人生は小説よりも奇なり」 シネスイッチ銀座
マンハッタンに暮らすベン(ジョン・リスゴー)とジョージ(アルフレッド・モーリナ)は、長年連れ添っている同性カップル。同性婚が可能になったので、結婚式を挙げ入籍するが、それをきっかけに音楽教師のジョージは仕事をクビになってしまう。同居していたアパートを出なければならなくなって、親戚や友人のところに居候させてもらい、一時的に別居しなければならなくなる…。
同性で結婚できる街・ニューヨークだけど、仕事が続けられないなんて差別や偏見はまだ根強いのだなぁと思いました。
他の映画でも見ているせいかジョン・リスゴーとアルフレッド・モーリナが、愛し合っているカップルには私にはどうしても見えなかったです。男女の夫婦だってそこまで仲良しでいられないって思うくらい、2人は今でもラブラブでした。そこまで愛し合っていて本人たちは素敵な人生なのかもしれないけど、周囲の偏見、老い、年金問題など、なんだか切実な気分になりました。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック