マジカル・ガール2016/03/17

マジカル・ガール
「マジカル・ガール」 ヒューマントラストシネマ有楽町
白血病で余命わずかな少女アリシア(ルシア・ポシャン)は、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。アリシアの願いは、ユキコのコスチュームを着たいということ。失業中の父ルイス(ルイス・ベルメホ)は高額なコスチュームを手に入れようと決意する。しかし、そんなルイスの行動が、心に闇を抱えた女性バルバラ(バルバラ・レニー)や元教師ダミアンらが巻き込まれていき、事態は思わぬ方向へ…。
まさに奇想天外な話で、夢中になってしまいました。残念ながら、そう思わない人もいたようで、映画館の中で大きないびきをかいていた人が若干1名いました。
犯罪ミステリーいうのかなんというか。ペドロ・アルモドバル監督ほど、カラフルな色合いではないけど、スペインのお国柄なのか共通するのは奇抜で練られたストーリー。本作が長編デビューのカルロス・ベルムト監督が脚本も担当。どんだけ日本をリスペクトしているのでしょうって思うほど、日本テイストが散りばめられていました。心温まる話ではなく、ブラックな内容でしたが、面白かったです。
みんな悪い人とは思えないのですが、負のスパイラルに巻き込まれていってしまうのです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック