アーロと少年2016/03/15

アーロと少年
「アーロと少年」 TOHOシネマズ錦糸町
弱虫な恐竜アーロが、川に落ちて家から遠く離れた見知らぬ土地に流されてしまう。ひとりぼっちで不安にさなまれるアーロ。同じく流されてきた少年スポットと出会い、いつしか絆が生まれ、アーロの故郷を一緒に目指す。
言葉が話せる恐竜のアーロに対し、少年は言葉を話さないですが、長い旅路を共にすることで、お互いが理解できるようになっていきます。弱虫な恐竜よりも小さな少年の方が勇敢で、野性的です。その影響を受けてか、アーロも成長していきます。
これが主人公が人間の弱虫な子どもで、出会うのが言葉が通じない犬だったら、やっぱり普通過ぎるのかも。少年スポットはかなり犬寄りな感じでした。でも、表情が精悍に見えたり、かわいく見えたりで魅力的でした。
もはや実写にしか見えない大自然の描写はすごいです。山や森はもちろん、水がアニメとは思えないできばえした。
ホタルや鳥たちが飛び立つシーンなど、予告で見て知っているので、ちょっと惜しいです。全く知らずに見たらもっと感動しそうです。大きいスクリーンで映える自然の描写が良かったです。
日本語吹替版ばかりなので、吹替で見ましたが、歌も日本の歌になっています。悪くないけど、もともとはどんなのだったのかと気になりました。最後はアーロのその後の様子もあったら良かったなぁ。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック