ライ王のテラス2016/03/05

ライ王のテラス
「ライ王のテラス」 赤坂ACTシアター
カンボジアのジャヤ・ヴァルマン7世は、栄華を極めた偉大な王として、知られている。バイヨン寺院の建設に着手するするが、王の肉体は病魔に蝕まれていく、アンコール王朝は衰退…。
初日に観てきました。

出演者
ジャヤ・ヴァルマン七世 : 鈴木亮平
第二王妃 : 倉科カナ  
第一王妃 : 中村中
石工のちに若棟梁 : 吉沢亮
村娘 : 大野いと
宰相 : 神保悟志
王太后 : 鳳蘭

原作 : 三島由紀夫
演出 : 宮本亜門

正直言って、あまり好みじゃなくて、眠くなりました。でも、がんばって起きて観ました。
カンボジアらしい伝統舞踊や、影絵、映像を使った演出は面白かったけど、笑いはないし、真面目な話でした。
鈴木亮平のマッチョな身体はすごかったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック